カテゴリ:FAF(福岡建築ファウンデーション)( 15 )
FAF salon 006 『相手の魅力を引き出すライティングの力』 本日開催です。

c0170075_10275361.jpg
企画・運営のお手伝いさせていただいていますFAFサロンのご紹介です。

FAF salon 006
『相手の魅力を引き出すライティングの力』
ライティングデザイナー 佐藤 政章(株式会社モデュレックス福岡営業所所長)


企画にあたって下記をご参照ください。(HPより引用)

ライティングデザインがほとんど社会的に認知されていない時期から照明に携わってきました。自分より遥かに若い建築家やデザイナーからオファーを受けプロジェクトに参加できたり事業主の思いを照明で表現できる喜びがありこの仕事を続けることが出来ています。照明効果は、空間の中の音響効果や香りと似ていて形がありません。この形のない世界の奥が深くなかなか思い通りになりません。レストランでは料理をより美味しそうに見せたり、美容室ではより女性を美しく見せるなど手法は時代とともに変遷しますが、照明は主役の良さを引き出す名脇役です。STUDIO空間を生かし「光の効果の隠れた法則」や「実例」をご紹介頂きます。

FAF salon 006 『相手の魅力を引き出すライティングの力』
日時:
10月22日(水)
   第1部 18:00~19:30『ライティングのひみつ』(一般向け)
   第2部 20:00~21:30『照明オタクの四方山話』(専門家向け)
場所:株式会社モデュレックス福岡事務所 (福岡市中央区大名1丁目8-30-1)
定員:各回15名
参加料: 一般・メール会員 1000円、FAF活動会員・サポート会員・学生会員 500円
主催:NPO法人 FAF(福岡建築ファウンデーション)
お問い合わせ:092-732-3191
お申し込み:こちらの登録フォーム、よりお申し込みください。

今回は二部構成となっており、一般の方も専門家の方も楽しめる内容になっています。
私も参加して勉強したいと思っています。楽しみ楽しみ☆
※本日開催で、定員に限りがありますのでご注意くださいませ。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ




by misumi_archi | 2014-10-22 10:46 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
KidsMAT特別編 「時代をさかのぼる旅にでよう!」 開催されました。
c0170075_13370654.jpg
先週末の8/9(土)、10(日)に開催されました展覧会と建築をめぐるツアー
KidsMAT特別編 「時代をさかのぼる旅にでよう!」

当日は仕事の都合でガイドできませんでしたが、NPO法人FAF 【福岡建築ファウンデーション、Fukuoka Architecture Foundation】の活動会員・サポーターとして企画、ガイド資料作成のお手伝いをさせていただきました

c0170075_13372164.jpg
今回は「おいでよ!絵本ミュージアム2014」を主催されているNPO法人子ども文化コミュニティさんと「スノーマンの世界展」開催中の三菱地所アルティアムさんとの連携企画で、展覧会と建築をめぐる子ども向けのツアーになりました。

c0170075_13373480.jpg
スノーマンにも会えたようです。
イムズに集合して、時代をさかのぼる旅スタート!

c0170075_13375762.jpg
スノーマンの世界展を出て、アクロス山へ。
緑に囲まれた森のような建物の前でガイドもスタートです。

c0170075_13380847.jpg
c0170075_13382142.jpg

写真は、いつもお世話になっている針金さんに撮影していただきました。
ハッとするような素敵な写真、ありがとうございます☆

c0170075_13383125.jpg
私がガイドする予定だった旧公会堂貴賓館。
フランスのお城みたいですね。
1階のカフェ「ジャックモノー」でお茶しました。

c0170075_13383994.jpg
時代をさかのぼる旅、その後は福岡市赤煉瓦文化館へ。
東京駅でも有名な建築家・辰野金吾氏の設計です。

c0170075_13385815.jpg
盛りだくさんのツアー。最後は、絵本ミュージアムにて終了です。
みんなでクイズの答え合わせ中でしょうか。
レトロな建物で体験した時代をさかのぼる不思議なツアー。
参加できなかったのが残念ですが、子どもたちの良い想い出になってくれていたら嬉しいです。

(写真提供:テクニスタッフ針金洋介)

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ



by misumi_archi | 2014-08-14 12:53 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAFサロン 『「内」と「外」のひみつ』 開催されました。
c0170075_18283583.jpg
年に4回を予定しておりますFAF教育部でのトークイベント企画。
少し遅くなりましたが先週開催されましたFAFサロンのご紹介です。

FAF salon 005
『「内」と「外」のひみつ』

大石和彦氏×西岡梨夏氏によるクロストーク


第五回目の講師は大石和彦建築アトリエ・大石和彦氏、ソルト建築設計事務所・西岡梨夏氏のお二人をお招きして「内」と「外」の空間の関係性をデザインするひみつについて語っていただきました。

「FAF salon」とは、福岡や都市、建築に関わりのある活動をしている講師にお話をうかがいながら、参加者と講師の対話をはかる場(サロン)です。対話を通じて「建築文化」や「まちづくり」、そして自分たちが住んでいる「ふくおか」への愛着を高めていただくことを目的としています。

c0170075_18282022.jpg
(写真:Y.Harigane)
「内」と「外」。内部のような外部、外部のような内部。私たちはそこに居心地の良い何かをいつも感じているように思います。その内と外のグラデーショナルな関係をご紹介いただき、作品事例をまじえながら心地良さのヒントを教えていただきました。
師弟の間柄でもある大石氏と西岡氏。引き続き西岡さんからは近作のObihouseで実践された内と外、横の動きから生まれる心理的な奥行きのあるつながりなど、とても分かりやすく解説いただき勉強になりました。

はじめての司会で緊張しましたが、クロストークではお二人の掛け合いや質疑もあり、私自身とても楽しませていただきました。
今後のお二人のご活躍がますます楽しみです☆
大石さん、西岡さん、皆さま、たいへんお疲れさまでした!

※田村の小さな設計事務所は、NPO法人FAF 【福岡建築ファウンデーション、Fukuoka Architecture Foundation】 の活動会員として企画・運営のサポートをさせていただいております。2009年より開催されてきた建築ツアーを改良しつつ、レクチャー、お子さまたちのデザイン教育など多様な活動を展開していく予定です。また建築に限らず、福岡のデザイナーを市民にご紹介させて頂きながら、身近にデザインの楽しさを知ってもらえるような企画も引き続き構想中です。
8月にはワークショップ、10月には第6回目のサロン、今秋には建築ツアーを予定しております。本ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに☆


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ



by misumi_archi | 2014-07-29 18:30 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAFサロン 『建築を「見る目」のひみつ』 開催されます。
c0170075_19282772.jpg
企画・運営のお手伝いさせていただいていますFAF教育部でのトークイベント。
FAFサロン(特別編)のご紹介です。※デザイニング展にも出展しています。

FAF salon 004
トークセッション『建築を「見る目」のひみつ』
お金視点と文化視点 / 徳田光弘 × 松岡恭子


企画にあたって下記をご参照ください。(HPより引用)

建築はどう見るかによって全く異なる側面を持ちます。投資の対象と見るか、文化の担い手と見るか、公共の資産と見るか、など。
「○○建築、解体か存続か」というニュースに対しても、賛否両論、さまざまな意見が飛び交います。一人の人間が複数の視点を持っていることもあるでしょう。建築をいろいろな方向から見ることができるようになるのは、建築の楽しみ方を知ることそのものとも言えます。

第四回目の講師は、建築をめぐる多様な場でご活躍のお二人、徳田光弘さんと松岡恭子さんをお招きします。お二人それぞれの建築を「見る目」をご紹介して頂き、その後のクロストークによって多角的、立体的な視点に触れてみようという試みを行います。
このトークイベントの後、外に出るといつもの街が違ったものに見えるかもしれません。素敵な映画を見た後のように。


FAF salon 004 トークセッション『建築を「見る目」のひみつ』
日時:
5月17日(土)17:00~19:00(開場16:30)
場所:リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階(福岡市博多区上川端町9-35)
定員:50名(事前申込先着順)
主催:NPO法人 FAF(福岡建築ファウンデーション)
お問い合わせ:092-732-3191
お申し込み:こちらの登録フォーム、若しくは三角までご連絡ください。

定員に限りがございますのでお申し込みはお早めに☆


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


by misumi_archi | 2014-05-10 19:38 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAF【福岡建築ファウンデーション】合同部会開催
c0170075_12435603.jpg
企画・運営のサポートをさせていただいています
NPO法人FAF
【福岡建築ファウンデーション】

様々な活動を通して、福岡を感性豊かな都市に育てるまちづくり活動を行っています。
いくつかの部会がありまして、私は教育部に所属しています。
今期より部長を務めさせていただくことになりました。

教育部では主に「サロン」や「ワークショップ」を企画しておりますが、他のイベントとの連携をはかるために合同部会が開催されました。
建築ツアーや子ども向けの企画など、年間を通じて今期も楽しいイベントがもりだくさんになりそうです。

近々では5月の建築ツアー、サロンなど現在構想中です。
本ブログでもご案内させていただきますのでお楽しみに☆


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


by misumi_archi | 2014-03-01 23:59 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAFサロン 「ソーシャルデザインのひみつ」 開催されました。
c0170075_20142365.jpg
年に4回を予定しておりますFAF教育部でのトークイベント企画。
少し遅くなりましたが先々週開催されましたFAFサロンのご紹介です。

FAF salon 003
「ソーシャルデザインのひみつ / 親しさの距離」


第三回目の講師は「青い月」プランナー・デザイナーの中川たくまさん。福祉・子ども・病院・教育・NPOなどの分野でプランニングとコミュニケーション・デザインを行っています。「福岡市文化芸術振興財団」、福岡版プロボノ「ふくおかかつぎてけいかく」、「子どもの村福岡」、「ナガサキリンネ」など、どこかで見かけたやさしいデザインは中川さんのお仕事。
また2009年より活版印刷機でプライベートプレスを行い、活版印刷発祥の地長崎で文化的観点からの普及活動もされています。
中央区天神の福岡国際ビル地下1階・大央ホールにて、約30名の一般参加者の皆さんと、対話を通じてデザインのこぼれ話をお伺いすることができました。

「FAF salon」とは、福岡や都市、建築に関わりのある活動をしている講師にお話をうかがいながら、参加者と講師の対話をはかる場(サロン)です。対話を通じて「建築文化」や「まちづくり」、そして自分たちが住んでいる「ふくおか」への愛着を高めていただくことを目的としています。

c0170075_20143653.jpg
ソーシャルデザインと言うと、いろいろな考え方や印象があるように思います。建築でも「社会性」をテーマに議論がなされるケースが多々ありますが、世代の違いで共有できる部分とできない部分があったりするように、掴みにくく大きなものを感じてしまいます。
ここでは「世間」と言うことばに置き換えるとしっくりくると中川さん。目の前にひとりひとりに向き合うこと、現実と向き合うことを大切に取り組まれています。やさしいデザインを手掛ける中川さんの目線を知ることができ、とても刺激を受けました。
やさしい言葉なのですけど、はっとするような思いに行き着いてしまうこともあり、会場の皆さんもドキドキしながら引き込まれているようでした。

中川さんのお人柄。心動かされるデザイン。これからも楽しみです。
中川さん、皆さま、たいへんお疲れさまでした☆

※田村の小さな設計事務所は、NPO法人FAF 【福岡建築ファウンデーション、Fukuoka Architecture Foundation】 の活動会員として企画・運営のサポートをさせていただいております。2009年より開催されてきた建築ツアーを改良しつつ、レクチャー、お子さまたちのデザイン教育など多様な活動を展開していく予定です。また建築に限らず、福岡のデザイナーを市民にご紹介させて頂きながら、身近にデザインの楽しさを知ってもらえるような企画も引き続き構想中です。
3月には建築のミニツアーを予定しております。本ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに☆


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


by misumi_archi | 2014-02-17 20:23 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAF HPにエッセイをご掲載いただきました。
c0170075_15360009.jpg
NPO法人FAF【福岡建築ファウンデーション】のHPにエッセイをご掲載いただきました。
FAFでボランティア活動されているメンバーでリレーエッセイのバトンを繋げています。
「もつ鍋と建築の話」と題しまして、もつ鍋のこと、田村のこと、建築家・隈研吾氏とおばちゃんにまつわる話を執筆させていただきました。途中、もつ鍋の話でエスカレートしていますが(笑)
お時間ございましたらどうぞご覧くださいませ。
福岡のもつ鍋の老舗「万十屋」にもぜひ足を運ばれてみてください☆

※田村の小さな設計事務所は、NPO法人FAF 【福岡建築ファウンデーション、Fukuoka Architecture Foundation】 の活動会員として企画・運営のサポートをさせていただいております。2009年より開催されてきた建築ツアーを改良しつつ、レクチャー、お子さまたちのデザイン教育など多様な活動を展開していく予定です。また建築に限らず、福岡のデザイナーを市民にご紹介させて頂きながら、身近にデザインの楽しさを知ってもらえるような企画も引き続き構想中です。
3月には建築のミニツアーを予定しております。本ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに☆



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

by misumi_archi | 2014-02-14 23:59 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
ステンレス研磨の工場見学へ行ってきました。
c0170075_2311947.jpg

教育部活動会員として所属しております【NPO法人FAF】よりご紹介いただきました
東洋ステンレス研磨工業株式会社

ステンレス研磨の工場見学へ行ってきました。

写真の看板は大宰府インターから見えます。
実は世界でも有名な研磨工場がここ太宰府にあるのです。

c0170075_2313953.jpg

その社名の通りステンレス研磨により表面を仕上げるのですが、ロットによる色差や光沢ムラがないよう、その製造工程は緻密に管理されています。企業秘密により写真でお見せできないのが残念です。。。

c0170075_2321723.jpg

著名な建築物から神社仏閣まで、たくさんの施工事例に驚かされます。
写真はフランク・ゲーリーによる設計のディズニーコンサートホール。
こちらも東洋ステンレス研磨工業さんより納品されたものです。

c0170075_232313.jpg

こんなに厚いステンレス、初めて見ました。萌えーです。

c0170075_2325036.jpg

匠の金属板(小箱)をいただきました。元は灰色のステンレス鋼板です。
磨き上げることで様々な表現もできますし、機能も生まれます。
ガラスや鏡とはまた違った深みのある表情。
身近にあるステンレスのこと、少しだけ理解を深めることができました。
またの機会でお仕事をご一緒できる日が楽しみです。

皆さま、ご案内ありがとうございました☆

※田村の小さな設計事務所は、NPO法人FAF 【福岡建築財団、Fukuoka Architecture Foundation】 の活動会員として企画・運営のサポートをさせていただいております。2009年より開催されてきた建築ツアーを改良しつつ、レクチャー、お子さまたちのデザイン教育など多様な活動を展開していく予定です。また建築に限らず、福岡のデザイナーを市民にご紹介させて頂きながら、身近にデザインの楽しさを知ってもらえるような企画も引き続き構想中です。
10月には1周年記念イベントのセミナーを予定しております。本ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに☆



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
by misumi_archi | 2013-09-09 23:59 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAFサロン 「道具のひみつ」 開催されました。
c0170075_21211568.jpg

年に4回を予定しておりますFAF教育部でのトークイベント企画。

FAF salon 002
「道具のひみつ / 間合いのデザイン」


第二回目の講師はCRITIBA Design+Direction 代表、プロダクトデザイナーの坂下和長さん。2008年より㈱エフキャストを母体とする創作活動に参画。2011年にはアトリエ&ショールーム「PORT」を設立されまして、家具、プロダクト、インテリアデザインなど、幅広くデザイン活動をされています。
中央区天神の福岡国際ビル地下1階・大央ホールにて、約30名の一般参加者の皆さんと、対話を通じてデザインのこぼれ話をお伺いすることができました。

「FAF salon」とは、福岡や都市、建築に関わりのある活動をしている講師にお話をうかがいながら、参加者と講師の対話をはかる場(サロン)です。対話を通じて「建築文化」や「まちづくり」、そして自分たちが住んでいる「ふくおか」への愛着を高めていただくことを目的としています。

c0170075_21212522.jpg

写真一番上は、2010年に発表されたブックウェイト「BIRD on the book」のアルミキャスト(鋳物)の砂型を持参いただき、その製作過程をお話いただいている様子です。命あるものをモチーフとした造形はシンメトリーにならないこだわり...やわらかいデザインにうっとりしてしまいます。

言葉の端々に漂う繊細な感情が心にスッと記憶されてしまう、あっと言う間のひとときでした。
勉強勉強です。

坂下さん、皆さま、お疲れさまでした☆

※田村の小さな設計事務所は、NPO法人FAF 【福岡建築財団、Fukuoka Architecture Foundation】 の活動会員として企画・運営のサポートをさせていただいております。2009年より開催されてきた建築ツアーを改良しつつ、レクチャー、お子さまたちのデザイン教育など多様な活動を展開していく予定です。また建築に限らず、福岡のデザイナーを市民にご紹介させて頂きながら、身近にデザインの楽しさを知ってもらえるような企画も引き続き構想中です。
次回、FAFサロンは7月を予定しております。本ブログにてご紹介させていただきますので、お楽しみに☆



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
by misumi_archi | 2013-07-18 23:59 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)
FAFツアー 「時代精神と先端技術」 その4
c0170075_2254574.jpg

GW前半の4/27(土)、4/28(日)に開催されました福岡近現代建築ツアー。
NPO法人FAF 【福岡建築財団、Fukuoka Architecture Foundation】の活動会員・サポーターとしてツアーのお手伝いをしてきました。

2日間のツアーの様子をご紹介させていただいております。
前回のブログの続き、最終回、その4です。

「天神ビル」、「福岡銀行本店」を見学しまして「警固教会」。
さらにさらに、街歩きしながら最後の目的地、「光圓寺」へ向かいました。
1994年竣工。建築家・柿沼守利さんによる設計です。
写真は天神のど真ん中、コンクリート打ち放しの建物の入り口です。
スチールの門をくぐると、水盤を渡るアプローチが現れます。
ここからはただただ、感動と感謝の連続でした。

c0170075_2255033.jpg

外壁の打ち放しコンクリートは杉板を鋸引きのままコンクリートの型枠として利用したものです。
サイズの違う板と板の継ぎ目を斜めにカットし、ひと筋のラインが浮き出ています。
型枠解体にも神経を使う非常に困難な施工だったそうです。

c0170075_2262350.jpg

和室から続く後庭。竹林と箸莪の植え込みが風を感じさせる空間です。
大勢のツアー客の中にあっても、澄み切った空気がすっと通りぬけるようでした。
光を抑えながらも風の通りを意識して設計されています。

c0170075_2262798.jpg

どこを見遣っても細やかなディテール(詳細)が存在しています。
床材を含め総ての造作に無垢材が使用されており時を感じさせません。
スサの混入された砂漆喰は所々使用されている素鋼の持つ風合いとの調和のため木鏝押えにしてあります。
私、このあたりから写真を撮るのをやめて、もうじっとしてしまいました。
体感できて本当に良かったです。

c0170075_2265748.jpg

こうして、2日間にわたるツアーは終了しました。
ご紹介できたのはほんの一部ですが、赤坂門跡からはじまり、
昔のお堀や古地図をたどりながら最近の建物まで、盛りだくさん。
皆さんと楽しく街歩きすることができました。

ご協力いただいた皆さま、参加者の皆さま、スタッフの皆さま、
たいへんお疲れさまでした☆

刺激をたくさんいただきました。
前へ前へ!


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
by misumi_archi | 2013-05-10 02:41 | FAF(福岡建築ファウンデーション) | Comments(0)



福岡の設計事務所を主宰する一級建築士、三角健晃のブログ。田村の小さな設計事務所 SEASON9へ突入げなです☆
by misumi_archi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリ
WORKS
FAMILY
THINKING
MEMORIES
FRIENDS
TAMURA
OONOJO
GOURMET
JAPANESE FIRM
BOOKS
TRAVEL
OTHERS
JIA(日本建築家協会)
FAF(福岡建築ファウンデーション)
現 場 飯
役 所 飯
タグ
(1035)
(535)
(402)
(265)
(167)
(150)
(138)
(104)
(102)
(100)
(82)
(81)
(79)
(72)
(69)
(67)
(66)
(63)
(59)
(58)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル