ソラリアシネマ・ラストプログラムで奇跡は起こるのか?
c0170075_12493883.jpg

「ソラリアシネマは、11/30(水)をもちまして閉館いたします。
長年のご愛顧、心より感謝申し上げます。」

一通の招待状が、三角の元へ送られてくる。。。ような気がする。

ソラリアシネマ・ラストプログラムは
【オリヲン座からの招待状(再映)】、以下映画の紹介です。

「突然ではございますが、昭和25年の開館以来半世紀以上にわたって地元の皆様に愛され親しまれて参りましたオリヲン座は、誠に勝手ながら今秋をもちまして閉館いたすことと相成りました」
一通の招待状が、ゆかりの人々の元へ送られてくる。

昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵が病に倒れ、その弟子であった留吉が、その志を引き継ぎ先代の妻・トヨと映画館を守る事となった。
古い時代、周囲の人々からは師匠のかみさんを寝取った若主人、不義理な女将などと陰口を叩かれたりもした。さらには映画産業が斜陽になり始め、貧乏に耐えながらもひたすら映画を愛し、映画の灯を灯し続けた二人、そして何よりも純粋にお互いを思いやり、愛し続けたのだった。一方、そんなオリヲン座を一番の遊び場としていた幼い子供がいた。
二人は毎日映写室の小窓から名画を覗いて成長した。やがて大人になり、結婚して東京で生活を送っていたが、いつしかお互いを思いやる心を見失い、別れを決意していた。そんな祐次と良枝の元に、まるで何かを予感させる様に、一通の招待状が届くのだった。

─オリヲン座、そこは優しい奇蹟の宿る場所。


ソラリアシネマさんのラストプログラム。
最後の最後にこの映画をセレクトするなんて・・・泣いちゃうし。

11/30(水)18:40

泣いてきます。



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
by misumi_archi | 2011-11-24 12:51 | JAPANESE FIRM | Comments(0)
<< 【ポケットハウス】 中間検査&... 【rumbase】 外構計画の... >>



福岡の設計事務所を主宰する一級建築士、三角健晃のブログ。田村の小さな設計事務所 SEASON9へ突入げなです☆
by misumi_archi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
WORKS
FAMILY
THINKING
MEMORIES
FRIENDS
TAMURA
OONOJO
GOURMET
JAPANESE FIRM
BOOKS
TRAVEL
OTHERS
JIA(日本建築家協会)
FAF(福岡建築ファウンデーション)
現 場 飯
役 所 飯
タグ
(1039)
(537)
(403)
(265)
(167)
(150)
(138)
(104)
(102)
(100)
(85)
(82)
(82)
(72)
(69)
(67)
(66)
(63)
(59)
(58)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル